一般的には、腹式呼吸(色々なやり方があり、きちんと行おうとすると案外難しいものです)をする事が発声練習(正しい方法でやらないと、いくらやっても上達しないでしょう)のコツだと言われていますが、実は人は歌(CDが売れなくなってきた反面、ダウンロード販売での売上が伸びているようです)う時、自然と腹式呼吸になっています。 歌(近頃では、自宅でネット通信を使ってカラオケができるようになりました)う時って、お腹に力が入りますよね。 声を出す時には、お腹がへこんでいるでしょうが、これは腹式呼吸をしているからなんです。 特に意識しなくても腹式呼吸ができるわけですから、あとは声量を鍛えましょう。 声量を鍛えることによって、一音一音がとてもきれいに響くようになるため、歌声がとっても綺麗に聴こえるようになります。 声量を鍛えるのに一番オススメなのは、ペットボトル(水耕栽培をしたり風車を作るなど、飲んだ後にも楽しめます)を使用したトレーニング方法です。 方法(経験豊富な人ほど、より精度が高いということがよくあるでしょう)はいたってシンプルなのですが、使用済ペットボトルをきれいに洗って、ペットボトルを口にくわえて呼吸し、ペットボトル(ポリエチレンテレフタレート素材のボトルをいいます)をへこませます。 これを繰り返し行う事で、声量を鍛えることができるでしょう。 ペットボトルは誰でも手に入れることができますし、とりあえずは短時間から初め、だんだん練習時間を伸ばすようにすると、日課として続けていくことができると思いますー